ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2007.08.19 Sunday

甲子園雑感

昨年、甲子園ばかりか全国を賑わせた
ハンカチ王子、マー君は共に
新天地に巣立ち活躍の場を変えている。

又、活躍を期待された、超高校級スラッガー、
大阪桐蔭の平田君の出場は叶わなかった。

そのような意味で
国民的アイドルは居ないものの
酷暑の中、甲子園では
連日熱戦が繰り広げられている。



試合全般を見ていて感じたことは、

先ずは、デッドボールの多さである。
過去との比較を調べてはいないが
確実に死球は多くなっているだろう。

その原因のひとつは
左バッターに多く見られるのだが
極端にホームベース近くに構えていることだ。

その構えの打者に対し
投手は内角ギリギリを衝いていく。

”どうしても打ちたい!!”
”どうやっても押さえたい!!!!”

両者のギリギリのせめぎあいの結果で
どうしようもないのだが
捕手が打者寄りに構えた途端
「アッ、又か」と心配してしまう。

次に、金属バットから放たれる打球の速さ!!

セカンド頭上をギリギリ越えた打球が
楽々と右中間を抜けフェンスに達する。

詰まった当たりが
フェンス際まで飛んでいく。

今更ながら、金属バットの反発力に
驚く次第である。

だから、金属バットの威力を頼みに
大上段にバットを構える選手が多くなった。

短くバットを持って
コツコツ当てていく
従来の高校球児は少なくなった。

このことが高校野球の為に
良い事なのか?
悪い事なのか???

資源の関係で難しいのかも知れぬが
金属バットから
木製あるいは竹の合板バットへの変更を
考える時に来たのかもしれない。
続きを読む >>
2007.08.17 Friday

成るか世界新???

猛暑の中、プロ野球ペナントレースは今が佳境、
連日熱戦が繰り広げられている。

今、私はある選手の個人成績を
興味を持って眺めている。

個人成績,それは色々あるが、
首位打者、ホームラン、
勝利数、防御率等々
図抜けた選手はおらず
鍔迫り合いが続いている。

しかしながら、この部門だけは
圧倒的な独走状態となっている。



その選手は、ソフトバンクの新垣投手
部門は暴投数である。
続きを読む >>
2007.08.13 Monday

朝青竜騒動

大相撲は誰のためのものか??

それはプロ野球、
サッカーJリーグ等と同様
お客あってのものだろう。

選手、力士はお客に満足してもらえるように
プロとしての技を磨き、

一方、フロント、協会は
試合、取り組みを最大限盛り上げる
工夫を考えていく。

そして、選手、力士達の指導することも
勿論重要な役割だ。

今回の朝青竜事件への
協会、親方の対応を見ていると
最も大事な面が忘れ去られているのではないか。
続きを読む >>
2007.08.10 Friday

究極の三拍子

本塁打新記録を作ったボンズ選手が
その翌日、更に記録を伸ばした。



内角内ぶところを鋭く抉る速球を
ギリギリまで待ってバット一閃!

打球は場外の海に消えた、
いわゆるボンズ得意のスプラッシュホームランだ。

43歳とはとても思えぬ
鋭い腰の回転と
バットスイングの美しさにウットリとなった。

イチローはボンズをこう評する。

「彼の打撃は理想の形、
 ほかの誰にも真似ができない」

そして、彼の22年間の軌跡を辿ると
プロ野球選手が夢に描く
3拍子揃った選手である事に驚く。

打撃人の理想形は
トリプルスリー
すなわち、年間で打率3割、本塁打30本、
加えて30盗塁だ。

ボンズ選手はそのトリプルスリーを
過去3回成しとげている。

そして本塁打と盗塁の
ダブルスリーに限れば5回達成、
しかも、そのうちの1回は
42本塁打、40盗塁の
ダブルフォア(Double Four)。

こんな選手、
長いメジャーの歴史でも居やしない。

過去の偉大な本塁打王
ベーブ・ルース、ハンク・アーロンとの
決定的な違いは盗塁の数である。

通算盗塁、ベーブ・ルース、123、
ハンク・アーロン、240、
対するボンズは509盗塁だ。

日本の本塁打王、
古くは大下、そして王、
野村、田淵、清原等々
俊足のイメージはどこにもない。

更に驚きは
かつて、ボンズは守備でも
「最も美しくフライを捕る選手」として称えられ
過去8回のゴールデングラブに輝いている。

従って、ボンズ選手は
単に「三拍子揃った好選手」ではなく
その上を行く究極のスーパープレーヤーなのだ。

それでは、どうして
こんな凄い選手が生まれたのか???

それは、勿論ボンズの
たゆまぬ努力にあったのだろうが
彼の持つ血筋を知ると
なるほど、なるほどと得心がいく。
続きを読む >>
2007.08.09 Thursday

ボンズ新記録達成!

8月7日、地元のサンフランシスコにて
バリー・ボンズ選手が
通算本塁打、756本の大リーグ新記録を達成した。



この偉業を賞賛する声がある一方で
彼の負の部分を指摘し
記録を心から評価しない声も大きい。

彼の”負の部分”

それは薬物疑惑から始まって
傲慢なる態度、
人付き合いの悪さ、
マスコミとの折り合い下手等々である。

しかし、薬物疑惑以外は
マスコミがボンズ憎しで
一方的に書いた事で
事実を相当歪めているのではないだろうか。

更に、薬物疑惑についても
ボンズ一人の問題でなく
マグワイア、ソーサ等
年間本塁打記録を競ったライバルをはじめとする
メジャー全体の問題である。

ボンズの年度別本塁打記録を追うと
2001年の新記録73本が突出している。

彼はこの年以外は
60本以上はおろか
50本以上打った年も無いのだ。

マグワイアは70本を含め
50本以上打った年が4回、

ソーサも同様に
50本以上を4回記録しているというのに。

だから、ボンズの2001年の73本が
薬物の為だけとは到底思えないのだ。
続きを読む >>
2007.08.06 Monday

振り逃げ、二態

”食い逃げ”ではない
”振り逃げ”、野球のお話である。

最近、試合の帰趨を決定付ける
振り逃げが立て続けに起こった。

ひとつはプロ野球、
もうひとつは高校野球である。

バッター空振り三振!!!
キャッチャー、ボールを後逸!!!

ベンチからバッターに
「走れ!走れ!」の絶叫、
草野球で良く見かける場面である。

”振り逃げ”

攻撃側からすれば
三振でアウトが生き返った
こんなにボロイ話はないと”にんまり”。

守備側は、
折角、アウトにしかけたものを
”なんで”と諦めきれない気分に陥る。

ところが、正式な野球規則の中には
”振り逃げ”という言葉は出てこない。

野球規則の記述は、

1.無死又は1死で無走者
2.2死の場合(走者は関係なし)

1.2.の場合、スリーストライク目を
捕手が正規に捕球できなかった場合は
その時点で、「打者は走者とみなされる」

以上だが、野球ルールが難解なのは
走者とみなされても記録は三振なのである。

当事者が、その後どのような事態になっても
アウトになってもセーフになっても
三振として記録は残る。

「どうして?」と聞かれても困るのだ。
それがルールだから、としか言いようがない。

因みにアメリカでは単純に
”Uncaught Third Strike”と言っている。
続きを読む >>
2007.08.04 Saturday

朝青竜の処分に思う

疲労骨折で夏の巡業を欠席、
にもかかわらず、故郷のモンゴルで
サッカーに興じていた。



この一件により
横綱、朝青竜に対して
2場所出場停止、年末まで謹慎等の
厳罰が下った。

この処罰に対する
世間一般の見方が興味深い。

アンケート回答者、
約27万人のうち約6割の人たちが
この処罰でも甘いと見ているのだ。

そのほか、約3割が処罰の妥当性を評価し
厳しいと感じている人は1割に満たない。

これほどまでに
朝青竜に対して悪役イメージが
定着している事に驚く次第である。
続きを読む >>
2007.07.27 Friday

″惜しむ”らくは・・・・・

サッカーアジア杯準決勝
日本は2−3でサウディに敗れた。



得点差は1点、
ボール支配は、特に前半
日本が勝っていた。

とすれば、惜敗か????

とんでもない!

肝心な所で
力を発揮できるかどうか!!!!

それは点差以上のものがあった。

一度たりとも
先手を取ることなく敗れ去った。

これ以上ない完敗である。

サッカーの試合、
特に日本代表の試合は
正直言って余り興味がない。

何故かと言うと
見るたびに”いらいら感”が募るばかりで
すっきりとした気分になれないからである。

今回のアジア杯
準決勝にして初めてテレビ観戦した。

そして結果はいつもと同様であった。
続きを読む >>
2007.07.23 Monday

日本女子プロゴルフ

今年もプロゴルフトーナメントが
佳境に入ってきた。

しかし、男子と女子の競技、
見るものにとって
魅力度が益々乖離してきた。

女子のトーナメント、
華がある、活き活きとしている。

テレビからもギャラリーとの
一体感が伝わってくる。

中にはお化粧の度が強すぎるプロも居る様だが
魅力溢れる新素材が次々と登場して
まさに活況を呈している。

それに引き換え男子プロ
何とも、”落ち目の三度傘”
競技に漂う風は濁っている。

男子プロの面々、
若々しく躍動感溢れる空気を
発散できないものだろうか?

例えば、全英出場前、
2週連続優勝のT選手、
どうして、いつも物憂げな
やる気のなさそうな顔で
プレーをしているのだろうか。

だから、いつまでたっても
青木、中嶋、倉本のプレーの方が
ファンをひきつけるのだろう。
続きを読む >>
2007.07.17 Tuesday

殿、ご乱心!

標題の殿に対しては
数日前に苦言を呈したばかりなのだが・・・、

いやはや、どうにもこうにも
開いた口が塞がらない。

乱心の殿、
ご想像通り
巨人の原監督である。



これほど敗戦の原因が
明瞭な試合もない。

ただ一言、「監督の錯乱で負けました」!!

日曜日の対広島戦である。

問題の場面は、
同点の7回裏
巨人の攻撃、1死満塁!!

願ってもない勝ち越しのチャンス!
しかもバッターは頼れる二岡である。

ここで、代打に小関????
誰もが考えても見ない展開だ。

当然、二岡の腹の中は
煮えくり返る思いだったろう。



仮に、小関が打ってチームが勝利しても
後に引きずる作戦だ。

それが、案の定三球三振!!!
続きを読む >>
Powered by
30days Album